<2019年己亥>

 

「亥」は十二支の最後にあたり、季節で言うと冬(旧暦10月、新暦11月)、時間で言うと21時~23時、陰陽五行で言うと陰水です。
意味としては、「草木の生命力が種の中に閉じ込められている状態」。
来る時に向けて確実に準備を行っていく粘り強さを表わします。

 


猪突猛進という言葉があるように、勇気を持って熱心に物事に取り組めるとか、自分の意志を貫く意味があります。

「己(つちのと)」は陰陽五行で言うと陰土、エネルギーの流れで見ると「草木が十分に生い茂って整っている状態」を表わしています。
これは、物事の道筋が整うという事です。

これを合わせると、2019年は
来るべき時に向かってスキルアップ、自分磨き、準備をする時だという事がわかります。


天干陰土×地支陰水
天のエネルギーが地のエネルギーを剋すと読みます。
状態は、湿った冷たい土。

天の土が地の水を濁らせ塞き止める状態、上が下を抑えるとも言えます。

それでは、60年前の己亥の年(1959年)はどのような年だったのでしょうか。
調べてみましたよ^^

丁度岩戸景気と言われる高度経済成長の時代でした。
安保、労働問題、公害訴訟などのデモも多く、デモ隊が国会議事堂の中に入ったり

 

伊勢湾台風による大災害も起こりました。
そして、なんといっても皇太子殿下と美智子様のご成婚。


60
年前に民間から皇室に嫁がれた美智子様が、同じ己亥の年に退位される天皇陛下と共にお役目が変わることを考えると、時の持つエネルギーの巡りを感じざるをえません。

また、デモは地のエネルギー、台風は天のエネルギーです。
地のエネルギーは猪突猛進、暴走し、天のエネルギーは地を剋するように抑えつけたと解釈することができます。

「亥→核」のような起爆・爆発を象徴するのです。

それを考えると、基本的に荒れる年になりそうです。

地のエネルギーでもある私達は、規律を守り、暴走せず、わがままに突っ走らなようにする必要がありそうです。
そして天災には充分に注意すること。

また、1959年はアジアで初めてとなる東京オリンピックが決まった年であり、世界的に注目され、評価された日本人が数多く出た年でもあります。

集団や組織の中で反発したり戦うのではなく、自分自身の力を存分に出していくと良いのかもしれません。
「亥→核」を自分自身の中核と考えてみてください。

しかも「己(つちのと)」とは個人を表わす「おのれ」と読みますからね。

抑えつけられるところで反発するように勝負するのではなく、自分が評価されるところで力を存分に発揮すると良い年になりそうです。

上を見ても抑えつけられます。
横とのつながりを整えて行くことが肝心ともいえます。
企業が副業を認め始めているのも、この流れですね。
波長の合う、刺激し合える人間関係の中で自分らしさに磨きをかけていくと良さそうです。

九星氣學では、八白土星が中宮に入ります。
中宮とは「天地万物の根拠」「太極」を意味します。

八白土星は「結実」を象徴し、これまでの生き方においてそれに相応しい結果が見える時なのです。
結実の時は良くも悪くも二極化して現れるのですが、精神面、経済面含めて一度立ち止まって確認し、メンテナンスを入れる必要があります。
また、山にたとえられる八白土星です。目の前の景色がガラッと変わるという意味もあります。既に年号が変わり、新しい天皇の即位が決まっていますので、その意味が実感できますね。税率も変わりますよ。

八白土星もまたコツコツと努力をして成し遂げることができるエネルギー。
勢いは強く、軌道修正が必要な場合は方向転換も出来ます。

全体的に見ると、物事を拡大するよりも「充実」させていくことが2019年には求められるように思いますね。また、これまでの価値観が大きく変わるような事も多く起こりそうです。

因みに1959年は五黄土星が中宮でした。
八白、二黒に比べても最も強い土氣を持っていたので、大きな変革、変化、災害を指していました。
その為、2019年が60年前と全く同じかと言えば、そうではないのです。

皆さまにとって、2019年が充実した年となりますように。


2018年

1月

29日

戊戌

 

<2018年は戊戌つちのえいぬ>

天干の戊も、地支の
戌も「陽の土」同士
陽と陽が重なるので「土」の勢いが増すと考えられるのです。
地震などはちょっと気を付けないといけないのかもしれないですね。

因みに
丙午ひのえうまは「陽の火」同士で、火の勢いが増すことで有名。

土は万物を育みますから、土台であり足元を整えるべき年と考えても良いと思います。

皆さんは土用をご存知ですか?
春夏秋冬、季節の変わり目にある「土」の気が強くなる時期です。
土土の2018年はまさに土用、変わり目の年なのです。

 

また九星気学では九紫火星が中宮の年。
九紫火星はすべての結果が出る、離れる、分かれると言う象意があります。

それを考えると
当然と思われたものが離れて、新しいものが台頭する年。
過去の慣習やしきたり、ルールに縛られないと言う変化が起こる年。

 

主役が変わる、仕組みが変わる、スポットライトの当たる場所が変わる。

そんな一年になりそうですよ
🐶

干支を調べてみると
戊(つちのえ)は「茂が語源で、草木が繁盛して盛大になること」

 

戌(いぬ)は「切るという意味で、草木が枯死すること」

と言う事は、この組み合わせだけ見ても
「一方が枯れて、一方が盛り上がる」を表しますよね。

では60年前はどうだったのでしょうか?

 

<1958年の戊戌>
天皇陛下のご婚約・岩戸景気・1万円札発行

 

東京タワー完成・インスタントラーメン発売

まさに高度成長期真っ只中で、過去の常識を打ち破る変化が起こっていますね!

時代は違いますが、2018年、今のまま現況維持・・・では「離」の作用が起こりかねませんね。


皆さまにとって今年はどのような年でしたか?
1年の締めくくりの日に
ちょっと振り返って見るのも大切かと思います🐓

 

そして、
来年どんな1年になるかをしっかりと頭にイメージしてみると、きっと最倖の引き寄せができますよ🐶

ここからは私の話し🐯💖
個性心理學で私は「海洋」のリズム。
このリズムの人は「転換」と言う一年に入ります。

 

しかも、九星気学では四緑木星の私、
2018年は九紫火星のポジションに廻座します。

良いも悪いも結果が表に現れ、そして
ライフスタイル・・・生き方・・仕事・・何かと変化が起こりそう。

「変換!」「手離せ」と言うキーワードばかりで()どうしましょう(*^^*)

 

変化を楽しみ、変化を恐れず新たな展開で地盤を固める!
そんな年にしたいと思います。

2月4日、いよいよ本格的に
2018年を迎えます(^.^)
皆さまも、良い年をお迎えください
🎍

 

2017年

1月

22日

㊗5周年

続きを読む

2016年5月29日

 

28・29日は第59期個性心理學講師カウンセラー認定講座&試験が

開催されました。


どんどん新人講師が誕生することで、沢山の人が自分を知る機会が増えると思うと嬉しいです。

 

人はオギャーと産まれたその年月日時のエネルギーによって
運勢の土台(先天運)が決まります。

 

己を知る(知命)ことが、己を生かす(立命)ことへと繋がるのです。

 

 

「動物キャラナビ」の意味を知っていますか?

 

キャラクター→先天的に持って生まれた性質
ナビゲーション→案内

 

己を知ることで、人生のゴールへの道筋が示される と言う意味です。

 

 

昨日ゲストスピーカーの池川明先生のお話にこんな内容がありました。

 

「人は4つの「命」を持って生まれてくる。


宿命(自分)・天命(ゴール)・運命(道筋)・使命(方法)

 

自分がゴールに向って生きる時、色々な方法を使って、あちこちの道筋を通って進む。」

 

 

己を知らなくては、方法を選ぶ時、道筋を選ぶ時、迷うことも沢山あります。

 

まず持って生まれた先天運を知ると、どれだけ生きやすくなるかを考えてみてください。

2016年5月1日

☆熊本地震義援金の報告

 

 

熊本地震のチャリティーストラップですが、37本完売いたしました!
ご協力いただきまして有難うございます。

 

 

 

当初支援させて頂こうと思った復興支援協会さんの受付が終了となってしまったので、

 

個性心理學研究所所長のご友人で「一般社団法人ここね」理事長の福田房仙先生とお話をさせて頂き、「房仙会全国いのちの食育書道展熊本応援隊」へ売上金37,000円を寄付させて頂きました。

 

 

 

房仙先生は地震発生の瞬間から募金活動を開始し、熊本県上益城郡御船町の教育長本田様と連絡を取りながら、直接的な支援をされています。

 

 

 

地震発生当初は物資が必要でしたが、今はやはりお金が有難いようです。

 

寄付させていただいた売上金は義援金としてそのまま本田様へ送って頂けるとのことでした☆彡

お買い上げいただいた皆さま、心より感謝いたします♡

 

2016年3月5日

今年最初のKT支局&心のソムリエ支局講師合同勉強会を開催しました。

 

 

2016年のテーマは「実践」✨
受け身(生徒)から、働きかける側(指導者)への移行を狙います。
行動・スピードがキーワードの丙申の年󾇄
其々が其々のやり方で前に踏み出す年としていくよう、
サポートしてまいります。
人の前で表現することで、
とても多くの気付きやアイデアを受け取れますよね。
1人の発表が、実は皆が聞きたかったことだったりするのです。
今回も新しい発見のあった気配が感じられましたヽ(^。^)ノ

 

2016年1月25日

23・24日の特別上級講座で3人の新しいアドバイザーさんが誕生しました☆彡

なんと、広島からお2人、高知からお1人!!

3人とも企業家さんなので、今後お仕事にどんどん活用していって頂けると嬉しいです💖

丙申の年、アクティブな1年になりそうです(^.^)

 

2016年1月9日

KT支局は4周年を迎えました!!

支局キャラ :愛情あふれる虎(大地)ヒューマニティ

支局長キャラ:ゆったりとした悠然の虎(海洋) ロマン

相性診断 : 80%

海洋であり、ゆらゆら揺れ動く感性の持ち主の支局長を
しっかり地に足付けて補ってもらうべく、
土の質を持った支局を作りました(=^・^=)

設立して2年後には私自身個性心理學で言う3年間のトンネルに入りましたが、やっと抜けて、2月に桜の咲き乱れる時期に入ります。

この4年間に講師カウンセラーさんが15人になりました。

昨年からは仲良しの「心のソムリエ支局」さんと合同勉強会を立ち上げて、講師達と顔を合わせる時間が沢山持てるようになりました♪


2016年丙申らしく、皆と一緒にアクティブに支局を盛り上げて参りたいと思います。

支局のキャラは愛虎、あと5年で成果の生涯運気に入ります。

その頃には活動範囲も広がっていることでしょう。

 

沢山の応援と、沢山の励ましと、沢山の笑顔と、沢山の感動を
いつも有難うございます(●^o^●)

これからもどうぞ宜しくお願いいたしますヽ(^。^)ノ

 

個性心理學研究所公認WEBサイト

メルマガ登録

 

季節の話し、風水、陰陽五行などのお話を書いています。

2019年キャラナビ手帳 残りわずか

近日イベント

「運氣カフェin和錆カフェ 三鷹」

第1金曜日14:00~
次回は5月10日(金)
※GWの為第2です
  

 

 「個性心理學を全方位から楽しむ」終了
 月21日(日)14:30~

 

詳細はこちら

~講師紹介~

2019年5月運氣アドバイス☆☆☆

5/6~6/5

2019年 運気アドバイス☆☆☆

2019年2/4~

2020年2/3

運気アドバイスはこちらからどうぞ。

表紙・背景の絵

絵本<12惑星どうぶつ銀河物語>より
文 石坂匡余子
絵 後藤琢也
 

毎日の運気アドバイス